若はげの原因の見分け方

20代や30代といった若い頃から頭髪の薄さが気になってしまう「若はげ」は、本人にとっては重大な悩みとなることが多いものです。
若はげになる原因は、男性ではaga(男性型脱毛症)が多くの割合を占めていますが、それ以外の原因で薄毛になることもあり、原因に合わせた治療法や対処をしなければ状態の改善が難しくなるので、見分け方を知っておくと便利です。
若はげの原因の見分け方は、まず思春期以降の年齢で額の生え際と頭頂部の両方か、そのどちらかの部分の髪が薄くなっている場合、agaが原因である可能性が高いです。
agaが原因だと俗に言うM字はげの状態になってしまうことも多く、何も治療をしていないと徐々に薄毛が進行していくことも特徴なので、もしもagaかなと思ったら、早めに頭髪治療クリニックで診察を受けることをおすすめします。
その他の男性がはげる原因としては、頭皮が脂漏性皮膚炎にかかることによって脱毛が起こってしまう場合があり、この時は頭皮全体にフケやカサブタが出来たり、カサカサしてかゆいという症状が見分け方になります。
脂漏性皮膚炎などの頭皮の異常が原因で薄毛になっている場合は皮膚科を受診すると、治療が可能になるでしょう。
他にも、円形脱毛症、間違ったヘアケアやストレス、髪に良くない生活習慣などで若はげになることもあるので、自分で見分けるのが難しい時は頭髪治療クリニックや皮膚科で診てもらうのがおすすめです。