育毛剤、養毛剤、発毛剤。これらの違いは何?

「抜け毛・脱毛症・薄毛」、これらの対策商品には「育毛剤・養毛剤・発毛剤」という名称のヘアケア商品があります。
薬事法で区別しているのではなく、作用機序や有効成分でそういう名称が付けられてます。
育毛剤は毛髪の成長を促す成分が主となる製品です。
毛髪の成分を促し脱毛予防効果を主な目的としてます。
育毛剤には医薬品または医薬部外品に指定されてる商品が多く有効成分が配合されてるので養毛剤以上の効果が期待できます。
養毛剤は脱毛を抑え毛髪を保護する事を目的とした製品です。
保湿成分や栄養成分、フケや皮脂を抑える成分等が主に配合されており効き目が強くない化粧品に分類される事が多いので、最も手軽に利用できます。
頭皮の環境を整え、今ある髪の脱毛を防いで髪を健康に保つ働きを期待できます。
発毛剤は毛母細胞に作用して脱毛後に新しく発毛させる為の商品です。
積極的に髪を発毛させる為に毛母細胞活性化や、細胞分裂の見込みがある成分を配合しています。
発毛剤は薬事法において医薬品指定の商品が多く、ドクターから処方される医療用医薬品、そして薬剤師のいる薬局で購入可能な「第一類・第二類・第三類」の3種類の医薬品があります
医薬品としての商品は効果や効能が高いですが、副作用の恐れがあるのでドクターもしくは薬剤師のアドバイスを受けてから利用を始めるのがお勧めです。